共同生活の活かし方

共同生活でチームワークが生まれた場合は、何に役立つ事が考えられるのでしょうか。まず、その共同生活の1人1人の負担が軽減するケースが考えられます。例えば、食事を作る時に食材の買い出しから使用した食器を洗うまでの全部の過程を一人で行うよりは、分担して行った方が負担は軽くなります。最初の頃は共同生活を送る上でのチームワークが上手く行かなくても、試行錯誤を重ねる内にスムーズに行く可能性もあります。チームワークがスムーズに行くようになれば、スムーズに行かない状態より結果を出せるようになる事が考えられます。

また、生まれたチームワークが役に立つのは共同生活だけに限らない場合があります。例えば、その共同生活が終わって別の人と共同生活を送る事になるのも考えられます。これから出会う友達とルームシェアをする事になるかも知れませんし、新しい恋人と結婚して同じ家に住む事になるかも知れません。そのような場合に、共同生活でチームワークが生まれた時の経験が役に立つケースがあるのです。例えば、共同生活の中で一緒に洗濯を干した事があれば、別の人との共同生活で一緒に洗濯物を干す時にもその経験が役立つ事も考えられます。共同生活の中でチームワークを経験した場合は、別の機会にチームとして働く事を要求された時にその経験が役立つ可能性があるのです。