共同生活の活かし方

共同生活でチームワークが生まれた場合は、何に役立つ事が考えられるのでしょうか。まず、その共同生活の1人1人の負担が軽減するケースが考えられます。例えば、食事を作る時に食材の買い出しから使用した食器を洗うまでの全部の過程を一人で行うよりは、分担して行った方が負担は軽くなります。最初の頃は共同生活を送る上でのチームワークが上手く行かなくても、試行錯誤を重ねる内にスムーズに行く可能性もあります。チームワークがスムーズに行くようになれば、スムーズに行かない状態より結果を出せるようになる事が考えられます。

また、生まれたチームワークが役に立つのは共同生活だけに限らない場合があります。例えば、その共同生活が終わって別の人と共同生活を送る事になるのも考えられます。これから出会う友達とルームシェアをする事になるかも知れませんし、新しい恋人と結婚して同じ家に住む事になるかも知れません。そのような場合に、共同生活でチームワークが生まれた時の経験が役に立つケースがあるのです。例えば、共同生活の中で一緒に洗濯を干した事があれば、別の人との共同生活で一緒に洗濯物を干す時にもその経験が役立つ事も考えられます。共同生活の中でチームワークを経験した場合は、別の機会にチームとして働く事を要求された時にその経験が役立つ可能性があるのです。


共同生活で生まれる点

共同生活の中では日頃の生活の中でチームワークが生まれる事が考えられます。食事を作る時にもチームワークが生まれる場合があります。この食事を作る時に誰が食材を買い出しに行くのか、誰が作るのか、誰が使用し終わった食器を洗うのか相談して決めて実行に移して行く場合はチームワークが必要となって来る事が考えられます。それぞれの役割を1人ではなく複数人で行う場合は、そちらでもチームワークが必要となって来るでしょう。例えば、2人で買い出しに行った時に、買った荷物が1人で持てない場合は荷物を分けて持って帰る場合も考えられます。

食事を作る機会だけではなく、他の機会でもチームワークが生まれる可能性があります。共同生活を一緒に送っている人間が風邪を引いた時には、看病をしてあげる事もチームワークでしょう。症状が悪化をした時には、その人間を病院に連れて行く行為も該当する事が考えられます。

更に、背の高い人に箪笥の上に置いてある物を取る事を頼む事もチームワークである事が考えられます。この他にも、同じ場所を何人かで手分けをして掃除をする時にもチームワークが生まれるでしょう。例えば、2人で風呂掃除を行う時に、片方が浴槽を掃除して片方が洗い場を掃除するのもチームワークでしょう。


共同生活の特徴

まず、共同生活は、生活に掛かる費用を軽くする事が可能なケースもある事が利点です。例えば、同じ額の家賃を1人で全額支払うのと3人で3分割して支払うのでは、3人で3分割して支払う方が家賃は安くなるでしょう。また、共同生活を一緒に送る事によって、コミュニケーションを取りやすくなる場合がある事は利点です。例えば、友達として付き合っていた人であっても、意外な趣味を持っていて刺激を受ける事もあるかも知れません。また、シェアハウスでは共同生活を通して外国人との国際交流もできますので、その方の母国の文化に触れる機会もあるかも知れません。

共同生活の短所としては、自分が1人でいられる時間が減るケースがある事です。例えば、部屋が相部屋だと疲れている時に1人でぼんやりしていたい時に、しつこく話し掛けられて苛立つケースも考えられます。加えて、共同生活を送っている人と相性が悪くても、一緒に暮らさなくてはいけない場合がある事が欠点です。仲の良い人同士で共同生活を送っても、喧嘩が発生する可能性もあり得ます。もし、喧嘩の相手と距離を置きたいと考えても、同じ所に住んでいるので気まずさを味わう事も考えられます。

共同生活ではチームワークが生まれる場合があるのもポイントでしょう。当サイトでは、共同生活でチームワークが生まれる時や共同生活のチームワークの生まれた時の活かし方を紹介します。共同生活で生まれるチームワークに興味のある方に役に立つ事が出来れば良いと思います。